看護師の仕事のストレスの悩み

看護師は大半が多くの悩みを抱えています。

悩みの種類は様々です。

しかし、何かと多い悩みが、忙しくて医療事故を起こさないかというプレッシャーです。

看護師という職業を選んだ時点で、そのプレッシャーやストレスを抱えてしまうことを覚悟していたのでしょうが、実際現場で受けるプレッシャーが想像以上だったことで悩んでしまうというわけです。

また、上司、先輩、同僚、その他の医療従事者との人間関係で悩んでいるという人も多いです。

様々な看護師の悩みに関わるアンケート調査によれば、仕事の内容よりも人間関係の事の方が悩みとして大きかったりします。

医療関係ではチームワークが大切で人と人とのつながりとかコミュニケーションはものすごく大事なのことは分かります。

そして、患者さんとの関係よりも職場にいる上司や先輩との関係の方がうまくいかないという悩みが多いようです。

人間関係の悩みの解決の方法としては、カウンセリングを受けたり、慣れていくしかありません。

話し合えば分かりあえるという訳ではありませんから、看護師の人間関係に関する悩みはきついものが多いでしょう。

それでも人は慣れるしかありません。

転職を考えないのであれば、慣れるしかないのが現状です。

労働環境に関する悩み

看護師の仕事の内容というよりも、労働環境について悩んでいる看護師が多いのは実情です。

その中でも最も多いものの一つとして休みが取れない、休暇が少ないといったことが挙げられます。

基本的に看護師はシフト制なのでしっかりと人数が足りていれば問題はないのでしょうが、忙しい職場ではなかなか休みが取れないという病院は多いようです。

それではどのようにして労働環境に関する問題を解決するべきかということですが、やはり転職しかありません。

もちろんあるいは増員を依頼する方法もありますが、できるのであれば、人手不足になる前にすでに増員しているはずです。

なので、職場を変えることが労働環境に悩む看護師さんにとってはベストの選択です。

転職をすれば少なくとも今の環境を変えられます。

その代わり、転職先の労働環境を確認してから転職する必要性があります。